HOME美容室経営のツボ開業を考えている皆さんへコロナ禍で開業を迷われている皆さんへ(PART4)

美容室経営のツボ

コロナ禍で開業を迷われている皆さんへ(PART4)

2021/07/20

おはようございます。

美容室専門税理士の七野です。

ここ大阪では、朝からすっかり夏空が広がっています。

熱中症の患者さんも増えているようですから、温度管理と水分摂取はしっかりして、今日も頑張りましょう。

 

さて、最初の「緊急事態宣言」が終わったころから、私の顧問先さんの多くの理美容室は「年末並み」の忙しさになり、その繁忙期を終えた後(昨年で言えば、6~7月でしょうか)くらいからは、ほぼ従来のペースに戻りました。

もちろん、その後も、コロナ禍という意味では、再度「緊急事態宣言」が出たり、「まん延防止等重点措置」が出たり、とありましたが、多少の影響はありながら、私が見ている限りでは、そう大きな凹凸はないように思われました。

 

しかし、昨日も話したように、地域差という意味では、やはりオフィス街の反応は、住宅街の反応より大きい、つまり、最初の緊急事態宣言のときから、その後の「緊急事態」や「まん防」について、売上が上がってくるのが遅い(お客様が戻ってくるまでの時間が遅い)と思われます。

また、例えば、もともとオフィス街の美容室に通われていたお客様が、わざわざ移動するのを避けて、仕方なく近所の住宅街の美容室を探して行かれ、その美容室が「意外とええやん!」になってそのまま戻られない、というケースも少なくない、と思います。

結果的に、実は、住宅街の美容室は、コロナ前後で「新規のお客様」が増え、オフィス街の美容室は多少失客している、ということとなり、1~2割のお客様が戻ってこない、と嘆かれているオフィス街の美容室さんもあります(もちろん、逆に新規のお客様が増えた住宅街の美容室も多くあります)。

 

もともと、オフィス街は(あくまで比較すると、ですが)住宅街の美容室に比べ「ハイリスク、ハイリターン」だと思います。

このコロナの影響は、その事実を証明する一つの出来事だったのではないでしょうか。

 

美容室専門税理士 七野

最近の投稿

カレンダー

2月 2023
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

アーカイブ

無料メールマガジンこちら